SISON GALLERy

News

佐藤尚理 個展開催のお知らせ

2022 / 06 / 02  22:00
佐藤尚理 個展開催のお知らせ

佐藤尚理 個展

Naomichi SATO Solo Exhibition

RESFEBER レースフェーベル」

 

2022625日(土)〜 74日(月)

12:0019:00 (*2829日休廊)

 

上記日程にて、陶芸家 佐藤尚理の2回目となる個展を開催いたします。

 

自然ゆたかな沖縄で作陶する佐藤尚理は、カラフルでモダンなモチーフの絵付けや、手に馴染むあたたかな質感で日常使いも可能な器作品が人気の陶芸家です。

 

今回の個展では、新の試みとして、作家のライフワークとなっている植物を植え込んだ陶芸作品、描き溜めている絵画作品、照明など数点も含めた新作の展示販売をいたします。

 

2年ぶりとなる今回は、テーマ「RESFEBER」という言葉が意味する旅立ちの前の胸の高鳴りが聞こえてくる、そんなワクワクする展示をご期待ください。

 

*初日と2日目はご予約制となります。ウェブサイトからご予約のご案内をご覧ください。

*会期中は在廊人数に制限を設けさせて頂きます。ご不便をおかけしますことご容赦下さい。

*感染対策を万全にて開催いたします。ご来場の際は、マスク着用、手指の消毒をお願いいたします。

 *会期中後半より、シソンギャラリーのウェブサイトからの一部作品のご購入が可能になります。ギャラリーのウェブストアにてご覧くださいませ。

佐藤尚理 プロフィール

1974年生まれ。1996年沖縄へ移住。

2000年頃から彫刻家として活動を始める。

2008年夏、ドイツのミュンヘン美術大学に研究生として留学。スペイン巡礼の徒歩旅行などドイツを拠点にヨーロッパを巡る。

2009年冬、帰国し陶芸家としての活動を開始。

2010年春より、沖縄南城市に3ヶ月程かけアトリエを建て、以降そこを拠点に作陶。

2012年2月、自身のギャラリー「器 bonoho」をアトリエの敷地にオープン。

2013年〜現在、個展やグループ展、イベントなど様々な場で精力的に活動の幅を広げている。