News

2017-11-23 11:41:00

"After Wars"展示会開催のお知らせ

この度 リトゥンアフターワーズは、writtenafterwards 2018SSの先行受注会を開催いたします。

どなた様でもお越しいただけますので、是非お運びください。

日時:11/23 thu-11/25 sat 11:00-19:00

場所:SISON GALLERy 東京都渋谷区猿楽町3-18

CONTACT

バイヤー・メディアの方は下記連絡先に事前にご連絡をお願い致します。

tel:080-5027-8626(PR貫井)

090-9848-5794(SALES萱嶋)

※当日は、お名刺を受付にてご呈示ください。

※当日連絡先080-5027-8626(貫井)

また本展示会では、日本の高級カシミアニットブランドbeachmeとのコラボレーションアイテムも受注いただけます。

2017-10-04 17:49:00
この度、SISON GALLERyでは、ファッション業界で活躍する女性たちが愛用していたアイテムを次の持ち主へ繋げるというコンセプトのもと、フリーマーケット "EMERI Marche (エメリーマルシェ)” を開催いたします。
単に断捨離するのではなく、”永く愛する利用する”という想いを、 "永愛利(エメリー)”という名前に込めました。
 
当日は、様々な立場でファッションに携わる、約10名の参加者たちによるフリーマーケットに加え、カフェや似顔絵の描画ブース、占いブース等の出店も計画しています。
また、今回の売上げの一部から国際NGOプラン・インターナショナルへの寄付も予定しています。
SISON GALLERyの名前の由来である、バレエの技法の”シソンヌ"や子孫繁栄の”シソン”にリンクして、"永愛利(エメリー)”が、ここから広がり繋がっていくことを願っています。
 
皆さまお誘い合わせの上、お気軽にご来場ください。
                           シソンギャラリー オーナー/ディレクター
                                          野口アヤ
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
"EMERI Marche(エメリーマルシェ)” 
日時:2017年10月21日(土)、22日(日) 11:00〜19:00
*出店者:野口アヤ(シソンギャラリーオーナー、ファッションデザイナー)、早坂香須子(メイクアップアーティスト)、黒島美紀子(ファッションコンサルタント)、天川洋子(セールスエージェント)、stylist rikako.(スタイリスト)、福本敦子(コスメキッチンPR)、丸山悠美(モデル)、鈴木そのこ(PR)、宮本佐知子(シソンギャラリー)、山崎美弥子(アーティスト/特別参加)、他
*その他ブース:
・イラストレーター山中玲奈による似顔絵
・青山のカフェシュクルによるカフェ(21日) 
・珈琲屋台カクヤコーヒースタンド(22日)
・フォーチュンセラピストKOKOriによる占い(22日)
・株式会社おもちゃ箱によるオーガニックチョコレート/コスメのミニ出店(21日)
*寄付先:プランインターナショナル(プログラム:"プラン スポンサーシップ”と"ガールズプロジェクト”)
 ※今回のエメリーマルシェを皮切りに、今後シソンギャラリーとして、継続的にチャリティ活動を続けていきます寄付レポートは、当ギャラリーWEBなどで発表予定)
                         ※止むを得ない事情により、内容に変更が生じる場合
                          がございますので、予めご了承ください
                         ※お支払いは現金のみとさせていただきます、予めご
                          了承ください
                         ※キービジュアル制作:瀬戸徹(THROUGH.design
2017-09-02 19:00:00

 

       MIYAKOmAINのコピー切り取り.jpeg

  

2017/9/2(土)〜9/24(日)、月曜休み、11:00〜20:00

第一回目の展覧会は、ハワイのモロカイ島在住の山崎美弥子氏の個展です。山崎美弥子氏のすべての絵画作品は「千年後の未来」の風景なのです。作家は作為の無い本物のこどものような表現にこだわり、千年後から遡った、過去としての現在の時点において作品を制作しています。鑑賞者はカンバスという窓枠の向こうに広がる「無条件に受容される世界」へと、いざなわれることでしょう。

 

 

Miyako Yamazaki アーティスト 

 1969年、東京生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。

床を花で敷き詰めるアートプロジェクト「Splendor」などの他、平面作品、映像、およびインスタレーションを国内外のギャラリーや美術館で発表。2003年に東京オペラシティアートギャラリーで発表した、巨大な青いケーキを観客と主に創るプロジェクト「海と空の結婚式」の当日は、台風の悪影響にも関わらず、その夏の同美術館の最多入場者数を記録した。一転し、2004年より太平洋で船上生活を始め、現在は人口7000人の小さな島で心理学者の夫とふたりの娘、そして二頭の馬と暮らしながら主に絵画作品を制作。「海と空の絵」や「花の絵」を描いている。ハワイ モロカイ島在住。

 

主な展覧会は「Love Speaks」P-HOUSE(1999)、「Love'n pieces」ワタリウム美術館/オンザサンデーズ(1999)、「海と空の結婚式」HIROMI YOSHII(2001)、「GIRL!GIRL!GIRL!」東京オペラシティアートギャラリー(2003)、「Cafe in Mito 2004」水戸芸術館(2004)

主な出版物は「Love Speaks」光琳社出版刊(1999)、「Heavenly Brights」ニュースベース刊(2001)、「モロカイ島の贈り物」産業編集出版刊(2006)

 

2017-08-27 13:08:00

このたび、シソンギャラリーは9月2日スタートの山崎美弥子個展より、本オープンする運びとなりました。

 

私は、20年余ファッションデザイナーとして仕事をしてきましたが、ここにきてファッションの存在価値であるブランドの独自性や着るという楽しさを享受することに、もう一度立ち返りたいと考えていました。そしてそのヒントはアートにあるのではないかと思い、さまざまなエキジビジョンに足を運ぶにつれ、ワクワクする思いとともに、自分の中で封印していた夢の1つだったギャラリーを主催する機会に恵まれました。心が踊り尊敬できるアートやクラフト、ファッションなどの提案を通して、それを見たり体験してくれた方々が、楽しさや面白さや安らぎや、何かを感じていただけて、アートをもっと身近に楽しんでいただけたらと思います。

 

シソンギャラリーは、そんな、アートをもっと身近に、開かれた形で提案していきたい、という思いのもと、現代アートやクラフトのエキジビションをはじめ、ワークショップ、展示会など様々なクリエイションのサポートをしていく空間です。

 

昭和7年建築の日本家屋を改装し維持し続けている建築を生かし、ここから生まれてゆくクリエイションへの思いを、ギャラリーの名称であるSISON(シソン)に託し、バレエの飛躍する技法であるシソンヌ(両足で踏み切って跳び、片足で着地する動き)と、子孫繁栄のシソンに由来し、ここからたくさんのアートやカルチャーが集い、広がり、繋がっていくことを目指します。

 

展覧会第一弾は、山崎美弥子氏の15年振りの個展です。自然体で美しい作品を作り続ける彼女はハワイのモロカイ島在住。15年前の個展以来、彼女の大ファンの一人であった私が、個展を主催する機会に恵まれたことを感謝いたします。

 

シソンギャラリーディレクター 野口アヤ

1 2 3 4 5