News

2018-04-24 13:00:00

「メドレー」

耳にとどいた色 声にうごいた様子 

無常に流れ ここへ続いた

興奮のしらべ 広げ 

わたしたち どこへ行きましょう

植田志保

 

美術作家 植田志保の個展「メドレー」を開催いたします。

 

 2018/5/12(土)〜2018/5/27(日)12:00〜20:00 ※日曜11:00〜19:00 ※月曜休館

・レセプションパーティ 5/11(金)18:00〜21:00 ※どなたでも自由にご参加下さい

・対話描画 "In a Flowerscape"  5/13(日)、5/20(日)11:00〜17:00 ※予約制

・ライブペイント 植田志保×宇波拓(ギター) 5/19(土)17:00 ※予約制

※予約制のものについてはギャラリーまでお問い合わせください

※止むを得ない事情により、内容を変更させていただく場合がございます

 

植田志保は色に立脚した表現活動を軸に、「色」の有機的な動きを捉えた作品群『色のすること』や、個人との対話を通し、記憶や意識に潜む「色」を顕在化させる即興描画"In a Flowerscape"などの活動で知られる美術作家です。

 今展「メドレー」では、昭和初期の日本家屋を改装したシソンギャラリーを訪れた際に「オルゴールの中にいるよう」と感じたことをきっかけに、音楽から受け取った様相を作品として表現し発表いたします。おのおのの異なる感官によって生まれる感覚の違いを持ち生きる人間。音楽に込められた魂を、植田の作品に繋ぐことで響き合う、まさに「メドレー」は、彼女にとって初めての試みとなります。

また、作品の展示販売に加え、対話描画"In a Flowerscape"や、ミュージシャン宇波拓とのコラボレーションによる即興ライブペイントも実施いたします。

 

 

植田志保

1985年兵庫県生まれ。美術作家。体験するもの全てを色で認識する体質を持つ。幼少期ピアノを弾いている最中に、音階につく色や様子について再三母親に訴えたことからパレットを手渡され、以降、色彩表現に没頭するようになる。近年では、平面のみならず舞台、空間演出、内装を手がける他、対話を通し個人の記憶や意識に潜む「色」を顕在化させる即興描画"In a Flowerscape"をライフワークとして行うなど、多様に流動する色に立脚した表現はますます広がりを見せている。色の有機的な動きを捉えた作品群「色のすること」は抽象的でありながらも、多くの人の心を掴む独特な美しさと魅力を持つ。

主な活動に、LADS GARELLY 個展、森岡書店 個展、スパイラル 個展、伊勢丹新宿#5、Depot Basel:MUSTERZIMMER11/チューリッヒ、ROKKO MEET ART「芸術散歩2010」、〔furfur〕2013 s/s collection TOKYO/風の伝言プロジェクト(国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター)、雑誌coyote、若松英輔著「言葉の贈り物」「言葉の羅針盤」(亜紀書房)装画、草月流 季刊「草月」江國香織 連載 挿絵、詩人・三角みづ紀 第6詩集「舵を弾く」/装画、薬師蔵 Shosa  壁画、半崎美子 コンサート2015-2017 空間演出、他 多数。

 

宇波拓

90年代後半より演奏活動を開始。HOSE、ホンタテドリ、中尾勘二トリオ、THEY LIVEなどのグループで活動。『一万年、後....。』(07/沖島勲)『海辺の生と死』(17/越川道夫)ほか、映画音楽も多数手がける。近作に電子音楽『cloud of unknowning』、角田俊也との『Wovenland』、David Grubbsとの『Faild Celestial Creatures』など。